がたがた、がたりん。

 さて、那須ワイナリーを後にしたのが、もう陽も落ちた夕方。
車を飛ばして宿を取っていた新潟へ。
が、高速道路が途中から工事の為、一般道へ。
そして、次のインターまで工事車両やら機動隊の車やらで大渋滞。
まだまだ、震災の影響ありますねえ。

最近、にわかに脚光を浴びはじめている北陸ワイン。
向かったのは、「カーブドッチ」「フェルミエ」「ドメーヌショウ」
実はこの3つのワイナリー、一つの敷地内に入っており
どちらへも歩いていけて、敷地内には
宿泊施設やスパ、レストランなんかもありまして
充実しております。

最初に行ったのは「フェルミエ」

最近、増えてきているブティックワイナリーです。

こちらはなんと言っても、「アルバニーニョ」
スペイン原産の葡萄。おそらく単一でリリースしているのは
こちらだけ。南国系の華やかな香りと酸味が心地良いですな。
収穫はもう終わって、成っていたのは「カベルネフラン」

試飲させてもらったのは、10、11ヴィンテージ。
どちらもリリースされたばかりで酸味が落ち着いてなく
飲み頃は少し先と思われますが、売り切れもチラホラ。
大量生産をせず、少量の高級ワインをリリースするブティックワイナリー。
そのメリットとデメリット。
僕みたいな飲食店の側の意見とワイナリーとしての意見。
方向は同じ方を向いていたから直接、話を聞けて良かったです。

続いて、「ドメーヌショオ」
ここの小林さん。高校までドバイ。大学では微生物学を専攻した博士。
経歴も変わってますが、作るワインもかなり変わってます。
彼が目指すのは、「一人で一本飲めるワイン。」
どれも無清澄、無濾過。


ちょうどタンク内にはケルナーが発酵中。
「ポコポコ」「ポコポコ」

「シャルドネ」「ケルナー」
「デラウェア」「ドルンフェンダー」
どれも個性的。ユルーイ味わい。人が出てるなー。

発酵途中のシャルドネや完全無添加のベリーAなど
なかなか飲めないものも頂けました。
今後が楽しみ。

途中に生えていた長ねぎの畑。
ビックリしました。
ホントに砂。まったくの砂。
サラサラーって。
こんな所に葡萄生えてます。
水はけが良いのだけれど、逆に良すぎて
根が弱く、葡萄の成りが遅いので収量が少なくなるそうです。
また意外に暑いので、酸が出づらい土地。

色々と苦労してる新潟ですが、今後もおもしろそー。










ちもい

以前、店に来てくれた益子焼の作家さんの工房へ行って来ました。

器のお店が両サイドにぶわって並びます。
陶器市は来月の様で、人も少なめ。


でか○んのタヌキもいます。


トイレもしっかり。



メインの通りから少し離れた工房へ。


登り窯ですね。

旦那さんで作家の瑞晃さん。
12月の窯焚き予定で忙しい所、
色々とお話できました。



素敵な器もたくさん買えました。
やっぱり器は手に取らないとわかんないよなあ。

瑞晃さん、ゆみさん。
ありがとうございましたー!

この後、那須の「那須ワイナリー」へ。
定休日だったのですが、電話をしたら開けてくれまして、、。

自身のワインの事やこれからの国産ワインのあり方。店としての存在意義。
経営学などなど。熱く語って約2時間。
気付けば外は真っ暗。
貴重な時間だったなあ。
ゆっくり話が出来て良かった。

さあ、次は新潟。

ようやく

腰の調子も良くなってきて、
出発できましたーー。

まずは「coco farmワイナリー」。
ものすごい勾配の一画に突然葡萄畑。

一番高い所にはベリーA。
隣接するカフェで食事とワイン。

色々、試飲させてもらいました。
栗沢ブランもGet。
.jpg" width="240" height="320" alt="" class="pict">

唐突ではございますが。

年内いっぱい休ませて頂きます。

理由はいくつかあるのですが、
より良い店になるための
準備期間だと思って頂けると幸いです。

日本全国、色々回って来ますので、
ブログにて。

では、しばし。

店主 米山 有

さて。

さらっと、半年振りの更新。

今年もやりますよー!!!
「ぽつら the STANDING!!」

今年の日程は、7月の7日(土)、8日(日)。

七夕です。

予約もお受けしてますので、
是非是非、お越し下さ〜い!!


明けまして!

 おめでとうございます!

本年も「ぽつらぽつら」を
宜しくお願い致します。



今年も年越しは妻の実家の松本へと。
分かっているつもりでしたが、
やっぱり寒いわあ。しばれるわあ。
今年は、弟も結婚して奥さんが来ていて、
総勢15人の賑やかな毎日でした。

ビッグダディ出れるな。








餅つきサンバ。

 うっかり、仕事ばかりしてたら
もう今年も幾ばく。
今日で仕事納めの人も多いのかしらん。

怒濤の12月の営業ももうすぐ終わり。
年内は30日まで。年始は6日よりです。

この時期になると
「年始はいつから?」と良くお客さんに聞かれます。
「6日からです。」というと、一瞬小さな間が空きます。

「いやいや、市場がやってないんですよー。」
と自らフォローします。

たまにはね。
ゆっくりします。

寒さも増して、冬野菜は、なお元気。

こちらは山東菜。白菜に似ていますが繊維が細かく、柔らかいです。



こちらは素晴らしい出来のヤーコン。
糖度が高くて、甘いんです。
八頭の茎、芋茎は干されて出番を待ってます。


今年は色付きがもの凄く良い、トレビス。


先日恒例の松澤農園餅つき会にお呼ばれされてきました。

今年は娘達も参加。
僕は仕事の為、途中で帰りましたが
深夜12時までついてたそうです…。
皆様お疲れさまでした。
ついた後は、
納豆、大根おろし、あんこで餅パーティーです。
長女は7個も食べてました。恐ろしや。
帰りの三姉妹。


























師は走り、犬は吠えるが、キャラバンは進む。

 あっと言う間に、12月。
もう今年も終わりますねえ。

色々と飲む機会も多いと思いますが、
程々が良いですね。
ご自愛を。
自戒の句です。

111201_1610~01.jpg

先日発売された雑誌に載せて頂きました。

謙さんです。渋いなあ。
謙さんの「雨ニモマケヅ」の朗読良かったなあ。

なんと当店!!!4Pも!!
ありがたやあ。

手に取る機会ありましたら、是非是非。

おひさ。

 いやいや、ほんとご無沙汰でございます。
気付けば10月更新無し。
お客さんに怒られる事しばしば。

いやね、色々あったんですよ。一応。
家の軒先に置いておいた僕の愛車のカブが
朝、乗ろうと思ったら盗まれていたり。
大介がスペインに新婚旅行に行ったり帰ってきたり。
藤森が引越ししたり。
「dancyu」「食楽」「料理王国」に載せてもらったり。
かの有名なタツヤカワゴエが来店して
帰り際、入り口の段差で思いっきり転んで足ひねったり。
もの凄い国産のワインと出会ったり。

まあ、いいじゃないですか。
「去りゆく一切は比喩に過ぎない」って
どっかのフランス人が言っていましたもの。

最近、ダイエットの意味も含め
帰り道の炭水化物を断っております。
やめてみると意外にいけるもので、
お金も使わなくてこりゃ良いわいと。

その分、家に帰ってから今まではビールだったのですが、
それもやめて、最近はすっかり日本酒党。
お酒に詳しくない僕は、出口屋の杉田boyに相談です。

「夜中、家に帰って来たら当然の如く誰も起きてなくて、
 寂しいからTVをつけるも、
 主にkabaちゃんのTVショッピングしかやってないから
 最近買ったTVの機能を駆使して、録画しておいた
 「チューボーですよ」を観ながら、往年のマチャアキの芸に
 「ハハッ」って独りで笑って、そのあとで
 「はあっ」って溜め息を一つついた時に合う奴。」
っていう注文したら届けてくれたのが、

111124_0053~01.jpg

これ、「鶴齢 特純 五百」
「わかってるわあ、優しいわあ。」
杉田boy分かってるわあ。
皆さんもお酒に困ったら、当店の藤森か、
池尻の杉田君まで。


いいかげん店のBGMを変えようかなと,
渋谷のTSUTAYAへGO!
僕の好きな「Toe」や「rega」を探すがどうも見つからず。
店員に聞くと、
「ポストロックのコーナーですね。」
「なに?ポストって?」
よく分かりませんがそう言うそうです。

「ニックネームは他人がつける」ってヒロトが歌ってました。

よく、うちの店を呼ぶ時に「創作和食」って言われます。
「なんだかなあー」とも思いますが、
自分でも何屋だか良く分かってないので、
実は何と呼ばれようが、何でも良いのです。
「居酒屋」だろうが「和食」だろうが「ワインバー」だろうが。
何でも良いんです。

今月の30日に発売される「東京カレンダー」の別冊の
「東京情緒食堂」の取材を頂きました。
なんと4Pも掲載されるそう。
記事は、かの大森さんが書いてくれました。
フランスナイズされた素敵なお姉さんです。
良い感じに仕上がりそうなので、是非是非。


違うんです。
今回、本当に言いたかったのはこんな事じゃないんです。

今日、休憩行ってたんです。
戻ろうと思って通りに出たら、
居たんです。
「奥田 民生」が。
思わず、「まじで!!」
と言ってしまいました。

そのまま店に戻ろうとしたんですが、
思い直して、追いかけて
「っすっごい好きなんで、握手してくださいっ!!!!」
気さくに応じてくれましたよ、彼は。
思った通りの良い奴です。
これが言いたかったんです。

民生に会ったんです!!
それが言いたかったんです。

そんなこんなで書き続けて
「鶴齢」も無くなりました。

昔、文通していた友達は言っていました。
「夜中に書く手紙は読み返してはいけない。」と。
更に酒も入っているから尚更です。

久々のブログはこんなんで許してくれますか?
いいじゃない。
所詮、仮定された有機交流電燈のひとつの青い照明ですもの。

だめ?










 








ニューカマー。

新しく仕入れたチーズ。
日向牧場から「フォルツァ」と「ブル」
「フォルツァ」は熟成期間が8ヶ月以上のハードタイプ。
「ブル」は国産では珍しいブルーチーズです。


ある酒屋さんでGetしたワインです。
ココファームの「栗沢ブラン 10」と
「こころみシリーズ ピノノワール 余市 木村農園」
どちらもココファームが手掛ける「こころみシリーズ」の一つです。
新しい「試み」を生み出す限定醸造ワイン。

「栗沢ブラン」は評判が良すぎて定番商品となったもの。
2010は収穫量があまりに少なく、生産本数がかなり少なかったようです。

「ピノノワール」の方は、「ドメーヌタカヒコ」のキュムラシリーズと
同じ木村さんの葡萄を使っています。
こちらもかなり本数が少なかったようで、
1本しか仕入れられませんでした…。

山梨「マルサンワイン」 甲州とシャルドネ
広島「三次ワイン」   メルロとシャルドネ
そしてそして、「ダイヤモンド酒造 Ch09」


どんなんかなあー、早速試飲です。

先日、誕生日でして。
スタッフがケーキを買ってきてくれました。

せっかくなので「自らデコレーションっ!!」

粉糖ふって、ミント散らしてピンクペッパー載せれば完璧ですね。

ごちそうさまでした!
32歳 3児の父。がんばりますっ!!

 









Official Website

Profile

今月の定休日

Archives

search this site.